スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



にほんブログ村 デザインブログへ

Photoshopでワンランク上の立体メタル処理 

今回はPhotoshopで立体っぽく、メタルっぽくする方法を書いていきます。
チラシ、webのタイトルやパチンコ屋関係のロゴなど使用方法は結構あると思います。
フィルターだけでなくちょいとひと手間かけてより重厚感のある立体を作ってみましょう。


作り方は続きをどうぞ!
まずはイラストレータで立体処理をする物をつくります。
色は適当で構いません。
フチ等をつける際はレイヤーにわけPSDで書き出すと便利です。
m_r01.jpg
Photoshopでフィルター処理をかけます。
今回の作業はRGBで処理をする事をお勧めします。
印刷物等で使用するときは最終的にCMYKに変換して色調整をしてくださいね。
(印刷物で使用の彩はビューの色校正をうまく使いプレビューをCMYKにして作業して頂く事をお勧めします。)

処理するレイヤーを選びダブルクリックでレイヤースタイルを開きます。
ここで色を付けます。
べた塗りならカラーオーバーレイで、
グラデーションならグラデーションオーバーレイで。

今回はちょいと雰囲気を変える為にブラデーションのノイズでいきます。

mm001.jpg

するとこんな感じのグラデーションに。
m_r02.jpg

つづいてレイヤースタイルのベベルとエンボスで立体にしていきます。
構造、陰影はプレビューを見ながら調整していきましょう。
ドロップシャドウ等も加えて見栄えを良くしていきます。
他のレイヤーも同様に処理。このときに色のバランスも調整しましょう。
mm002.jpg
m_r03.jpg
普段ならこれでも十分?かも知れませんがここからひと手間。
レイヤーを統合して自分で調整していきましょう。

使用するツールは「覆い焼きツール」と「焼き込みツール」のみでOK!
「覆い焼きツール」は範囲をシャドーにして露光量を30~40%に。
「焼き込みツール」も範囲をシャドーにして露光量を30~40%に。

後は自分の感覚w
「覆い焼きツール」は明るく「焼き込みツール」は暗くなるって思いながら使えば使い分けが簡単だと思います。
mm003.jpg
m_r04.jpg

自分の納得いくところでストップ。出来上がりです。
ブラシのサイズを細かく変えていくのがコツになるかもしれません。
その他にもいろいろやり方はありますので自分オリジナルを見つけてみてくださいね。
個人的には「焼き込みツール」で全体をしめて「覆い焼きツール」で光らせていくやり方をお勧めします。
コツをつかめば5分ぐらいでできますよ。

関連記事



にほんブログ村 デザインブログへ

ストレスの発散 iPod touch周辺機を買いまくる! | HOME | IllustratorCS3で文字を手書き風(ラフ?)にしてみる

COMMENT

COMMENT FORM


TO SECRET
 

TRACKBACK URL to this Entry

TRACKBACK to this Entry

| HOME |


 ランキングに挑戦してます!

もしお役に立てたなら・・・・
ありがたいものです。 

にほんブログ村 デザインブログへ

アクセスアップ.NET - SEOでアクセスアップ

blogram投票ボタン

 calendar

S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
10« 2017/11 »12

 ご訪問感謝!

 プロフィール

ProMax

Author:ProMax
どうも!DTPデザイナーとして15年目。
最近はwebなどもメインでやってます。
イラレやフォトショの初歩から
プロの使い方を分かりやすく解説していきます。
ちょっとしたデザインのステップアップになるかも!
教えてほしいことがあればどんどん言って下さいね!
教えれることなら・・・・教えますよ!

 最新記事

 最新コメント

 RSSリンクの表示

PageTop▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。