スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



にほんブログ村 デザインブログへ

ネットブックを調べてみた。 

前回いろいろ考えた2台目のノートパソコン。
実際はMACがほしいがお金がない。
そんな自分でも何とかなりそうなのがこのネットブック。



いろいろ調べていくと結構使えそうな予感が・・・・・・

気になる方は続きを!


噂にはよく聞くネットブック。
別に低スペックには興味がないから流してましたが・・・・・実際に使ってみてびっくり!
結構サクサク動きますね!

先日、兄が帰ってきたときに持っていたのは8.9インチのネットブック。
1年ぐらい前に購入したとの事だが全然動く!
さらに兄はタッチパネルに改造してまして、作業もらくらく!びっくり!

そんなに簡単にタッチパネルにできるのか?兄に聞いたら「簡単だよ」と一言。
ネットで調べましたが1万円以下で結構出てます。 できます。 うひゃ~~

しかも本体とメモリー込みで5万以下。
そのほかのネットブック
どれをみてもスペックはそこそこ。

実際にノートでの作業はたかが知れている。
これはいい情報を見つけた。

本心はMACだが、この魅力たっぷりの金額には負けました。
ただ普通に電気屋で買うときには注意してくださいね。
「Eモバイル込みでこの金額!」みたいなのがありますので。

USBの無線機を契約するとなんと5000円とかありますが金額は月々2900円ぐらいから最大6000円ぐらい。
つかったパケット料金で金額が決まりますのでそんなに使わなければ易いですよ!みたいなセット。

だが実際のパケットはすごいですよ。一サイト見ただけで1000円分近くいってしまう可能性もありますので注意してくださいね。家にネットをひいてなかったり、別に関係ないって人はいいですが実際はそんなに外でネットを見るのかを真剣に考えてくださいね。 多分強制的に2年ぐらいの契約になるでしょうから最低でも5万近くはかかりますよ。 いらないお世話かな?

自分の中でのネットブックの利点はあのサイズでどこで使えること。
ブログの記事もかけるのがうれしいし、会議などのメモにも。
気になるサイトは落としておけばいつでもオフラインでみれる。

仕事でも便利。

実際、インターネットをつかって企業が企業のサイトを見るときはモニター解像度はほとんど1260以下。

これはいまだに古いPCを使っているところが多いから。

ネットブックのサイズはコレに近い。

ネットブックでみやすいサイトはどこでも見やすいサイトになるかもしれない。
会社などで使っている22インチなどでみているとすべてが小さく見えてしまうので感覚がおかしくなってしまいます。 それをネットブックで確認することでよりよいものができる。  って嫁に力説w

結果、小遣いで買いなさいとのことorz

ボーナスがでるのか分からない業界の人間には厳しい一言をいただきました。

でもきっといずれは・・・・・必ず・・・・・   購入するぞ!!
関連記事



にほんブログ村 デザインブログへ

年賀状素材 トラ柄 | HOME | イラストレータのアピアランスの応用で文字にフチや効果をもたせる

COMMENT

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009/12/28(月) 15:48:14 | | # [Edit]

COMMENT FORM


TO SECRET
 

TRACKBACK URL to this Entry

TRACKBACK to this Entry

| HOME |


 ランキングに挑戦してます!

もしお役に立てたなら・・・・
ありがたいものです。 

にほんブログ村 デザインブログへ

アクセスアップ.NET - SEOでアクセスアップ

blogram投票ボタン

 calendar

S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
10« 2017/11 »12

 ご訪問感謝!

 プロフィール

ProMax

Author:ProMax
どうも!DTPデザイナーとして15年目。
最近はwebなどもメインでやってます。
イラレやフォトショの初歩から
プロの使い方を分かりやすく解説していきます。
ちょっとしたデザインのステップアップになるかも!
教えてほしいことがあればどんどん言って下さいね!
教えれることなら・・・・教えますよ!

 最新記事

 最新コメント

 RSSリンクの表示

PageTop▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。